小学生が真面目に勉強するかな?

小学生が真面目に勉強するかな?

スポンサードリンク

ilm19_cb02005-s.jpg小学生のもつ能力を侮ってはいけません。時として、小学生の集中力は大人のそれをはるかに超えるものがあります。


とは言え、日本の子供たち全員がちゃんとした集中力をもっているかと聞かれると、否定せざるを得ません。


しかし、特定の時間ならば不可能ではありません。そして、それを家庭で育てて伸ばしてあげるのも親の役目と言っていいのではないでしょうか?


イギリスの学者が行なった有名な実験があります。第1群~第3群に分けた小学校5年生に、平均3時間かかる単純な仕事を課しました。


第1群には達成時に報酬を与え、第2群には開始時に報酬を与え、第3群には何の報酬も与えませんでした。達成時間が早かったのは、1→2→3の順でした。


聞こえは悪いかもしれませんが、子供の集中力を鍛えるにはアメが必要なのです。しかし、アメが必要なのは始めの方だけでいいです。その内、自分でアメを探して達成時の喜びを得ようとします。


さらに集中力を鍛える方法としては、時間を意識させることです。勉強を3時間もだらだらやるよりは、30~40分と時間を決めて没頭するほうが効率が良く、また頭に入って来やすいのです。


それに、勉強をしろ!と怒ってばかりではだめです。むしろ逆効果ですね。子供はすねて余計に勉強したくなくなるものなのです。どうしてもできないようであれば、塾で相談することも可能です。


このような悩みは多くの人が持っているものなので、塾もそれなりの対応策を練っているのです。

スポンサードリンク


Topics

フィード