塾に通わせるのは良いことなの?

塾に通わせるのは良いことなの?

スポンサードリンク

lern031-s.jpg小学生のころから塾に通わせることに抵抗を覚える親御さんは多くいます。


しかし、同時に小学生の3~4年のころから塾に通わせている人は大勢います。


塾に通わせるのに抵抗のある人はこう言います。


「子供を勉強で縛り付けるのは、子供の才能を閉じ込めてしまう!」


「勉強ばかりしていたら友達もいなくなり、人間性を磨くことができないのでは?」


さて、本当にこんなことになるのでしょうか?
答えはNOです。


確かに一日中365日勉強しかやらないのならば、そうなってしまうのもうなずけます。しかし、勉強することによって世界はどんどん開けてきます。それを的確にサポートしてくれるのが塾だと認識しましょう。


塾では効率の良い勉強方法を採用しています。有名な塾ではなおさらで、長年の蓄積は目を見張るものがあります。親の管理ではやはり限界があるので塾を利用する、という考えが良いと思います。


また、塾に通わせると他の学校の子供たちとも友達になれます。それは勉強を共にする良き友達、良きライバルとして小学校ではなかなか得られない、かけがえのないものです。


しかし、塾に通うデメリットもあります。塾からは少なからず宿題も出されることでしょう。学校からの宿題も出される出されるでしょう。


これらを効率良く処理できなければ、子供の頭がパンクしてしまうかもしれません。これらのメリット・デメリットを考えて、どちらが子供にとって優位であるのかを選択しなければなりません。

スポンサードリンク


Topics

フィード