各中学受験の傾向と対策について

各中学受験の傾向と対策について

スポンサードリンク

ilm03_bf01183-s.jpg中学受験の場合、どの学校も入試の傾向は毎年一定であることがほとんどです。


その学校特有の頻出分野、試験の問題数、入試の難易度、どのような解答様式かなど各中学校で入試問題はバラエティに富んでいます。


志望校に合格するためには、これらのような中学受験の情報がとても重要になります。ライバルの多い中学受験において、入試傾向は詳しければ詳しいほど有利となるのは明らかです。


例えば、早稲田中学校の算数について制限時間50分で配点は60点です。大問は5題前後で小問は15問程度です。1題目は基本的な四則演算です。


しかし、基本とはいっても特殊算の出題頻度が高く、幅広い範囲で出題されます。後半の応用問題は、面積・体積・図形比など出題が目立ちます。求積問題が出題されたときは、内容も高い難度のものが増えてきています。


一つの学校の、しかも一つの教科についてこれだけの情報が必要なのです。自分の志望校の傾向を知るのも、対策を立てるのもかなりしんどいことが分ります。


全国に展開している東京個別指導学院ではどのような対策が取られているのでしょうか。


定期的な保護者面談と日々の子供とのコミュニケーションで、志望校のアドバイスやメンタルケアを行っているそうです。家族との連携を大切に考えているようですね。


また輩出してきた過去の進学実績と徹底的な過去問研究を行うことで、各中学校の受験傾向をデータとして蓄えてあります。これらを元にしてスピーディーに進路指導に役立てることができます。


このように塾によっていろいろな受験対策を立てています。塾を選ぶ際は、自分にとって納得のいくシステムが備わっているかどうかを確認する方が良いでしょう。

スポンサードリンク


Topics

フィード