塾のメリットとデメリットは?

塾のメリットとデメリットは?

スポンサードリンク

lern052-s.jpg高いお金を払ってまで塾に行かせるのにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。


塾に行かせてよかったと思うことで一番多かった意見は「塾で勉強する機会が増えたので、自宅で勉強する習慣ができた」というものでした。


小学校と違って塾では、難しい問題を自分で考えて解いていかなければなりません。


勉強する習慣だけではなく、考える習慣も付いてしまうのです。一石二鳥ですね。


小学校の授業を先取りできるのもメリットの一つです。しかもこの先取りはほんの少しではなく、かなり大幅な先取りをします。


塾に行く多くの人の目的は中学受験に合格することなので、小学校の授業のペースでそのまま進んでいたりつまずいたりしているわけにはいきません。先取りにはこのような理由が大きく関係しているのです。


そして、塾には何と言っても中学受験における情報量が大量にそろっています。受験の材料を自分で集めるにはかなり無理があります。ただし、一般的に見て大きな塾であればあるほど、そして塾の歴史が長ければ長いほど中学受験の情報は多いと考えられます。


塾選びをする際の一つの基準にすると良いでしょう。中学受験の必要はないけど、小学校の授業についていけるようにしたくて塾を利用する。という人はあまり深く考える必要はないかもしれません。

塾のデメリットとしては、個別指導とは違って多人数で授業を受けるため、1人の先生が1人の生徒につきっきりにはなれないことです。


つまり多人数の授業を受ける場合は、ある程度自分の理解状況を把握していなければならないのです。


テストを受けることで理解度を測ることもできるとは思います。しかし分らないまま授業を進めていくよりも、その日のうちに理解しながら勉強をする方が数段と効率的なのです。


このように塾にはメリットもデメリットもあります。塾に行くかどうかを迷っている場合は、これらを参考にしてみてください。

スポンサードリンク


Topics

フィード