中学受験はなぜ必要なのか

中学受験はなぜ必要なのか

スポンサードリンク

ilm07_aa12003-s.jpg子供の進む方向を考えたとき、中学受験で悩む人が大勢います。この時代に、受験を選ぶ人はかなり多いのです。


なぜそんなに中学受験に臨む人が多いのでしょうか。


それは中学受験に成功した場合とそうでない場合、この先得られるものが大きく違ってくるからなのです。


これは一例ですが、小学校のときに初めての受験を経験して、名門の私立中学校(中高一貫校)に合格したとしましょう。


そんな中高一貫校では、受験のいらない中学よりも一年先取りをするので、高校突入時のアドバンテージが大きいのが特徴です。更に、高校受験に煩わされることがなく、常に目的の大学受験を目指して勉強ができます。


入試のいる中学校で中高一貫校でない場合、高校入試を経験しなければなりません。しかし、一般中学に比べて、高校入試への対策が万全であることが多いのです。一般の公立中学校では、高校入試の対策をとるにしても内容が乏しくなってしまうことは否めません。


小学校を卒業した後の中学校の種類によって、塾や家庭教師などにかかる費用も変わってきてしまうこともあります。


私立の中高一貫校の生徒はかなりの割合で、学校の授業をメインに大学受験対策にできます。しかし、公立中学から高校へ進学すると、塾・家庭教師の利用率は大幅にUPしてしまうのです。

スポンサードリンク


Topics

フィード